都市銀行の法人口座のメリット

ビジネスを発展しやすくなる

メガバンクともいわれることもある都市型銀行は、全国各地に支店を展開しています。アジアや欧米などにも支店を持つこともあり、さらに外国の金融機関と提携している場合も少なくありません。そのため、都市型銀行は金融機関の中でも信用度が高いといわれています。くわえて、メガバンクは、自分の信用を維持する目的もあって、口座開設の際の審査が厳しい場合が少なくありません。これらのことがあり、一般的に都市型銀行の口座を保有すると、自社の信用力が上がるといわれています。信用力が上がると、新規受注を得られることが期待できるでしょう。また、メガバンクの場合は、高額な融資に対応してもらえる傾向があるとされています。そのため、会社の規模がある程度大きくなった際に、高額融資を受けてさらなるビジネスをしやすくなるでしょう。

他と比べて利便性に優れている

都市型銀行は、前述した通り、全国各地に支店を展開しているので、自社の営業エリアを他県や外国に広げる場合に、別の金融機関の法人口座を用意する必要がまずありません。地方銀行や信用金庫の場合は、特定エリアを中心として展開しているので、営業範囲を広げようとすると、進出エリアの金融機関で再度口座を作る必要が出てきます。また、メガバンクの場合海外への振り込みにも対応しているので、外国の企業と取引する場合に困ることも少ないでしょう。今はまだ海外の企業と取引をしていなくても、これからすることになる可能性は十分にあります。これからの時代は、日本は人口減少が起きる結果、国内の経済規模が大きくなることはあまり期待できないので、外国にもビジネスチャンスを求めるのがいいといわれているのが現状です。