ネット銀行の法人口座は費用が安価?手数料などをチェック

ネット銀行と都市銀行の違い

ネット銀行と都市銀行との大きな違いは手数料です。都市銀行では、月額基本料と振込手数料が掛かってしまいます。ネット銀行なら、無料なので設立したばかりの会社にとっては費用が抑えられて嬉しいです。さらに、24時間365日利用できます。忙しい人は、利用時間を気にすることが無くなることも魅力的ですよね。会社を設立したばかりで忙しかったり、費用を抑えたい方にとってはおすすめと言えます。

しかし、注意しなければいけないこともあります。ネット銀行は、融資金の返済や社会保険料の引き落としなどの取引が出来ないことが多いです。また、事業が大きくなると融資を必要としますが、信用力が低く受けられない場合もあります。将来的には、信用力の高い都市銀行での口座開設も視野に入れておきましょう。

法人口座を開設するために気を付けること

ネット銀行は、口座開設の審査が通りやすいです。しかし、何も準備しないで開設の申し込みをすると通りません。ここでは、ネット銀行の法人口座を開設するための対策を紹介していきます。審査では、登記上の住所でしっかりした事業を行っているか、自己資金が十分に足りているかが重視されます。不明な点は、担当者から説明を求められるのでしっかり答えられるようにしておきましょう。自己資金は、最低50万以上は、用意しておくと安心できます。

場合によっては、会社のHPを見られることがあります。固定の電話番号と仕事風景の写真を載せておけば、信用力が増して審査が通りやすくなります。近年、実体の無い詐欺会社が多くなって警戒しているので、しっかり対策して間違えられないようにしましょう。