都市銀行

都市銀行の法人口座のメリット

メガバンクともいわれることもある都市型銀行は、全国各地に支店を展開しています。アジアや欧米などにも支店を持つこともあり、さらに外国の金融機関と提携している場合も少なくありません。そのため、都市型銀…

都市銀行の法人口座のデメリット

都市銀行は、その名の通り大都市に本店を置き全国に展開している銀行です。広く展開しているためネームバリューがあります。そのため、信用が高く口座開設の審査も厳しくなっています。審査の結果、法人口座の開…

ネット銀行

ネット銀行の法人口座のメリット

ネット銀行の法人口座のデメリット

ネット銀行の法人口座は費用が安価?手数料などをチェック

そもそも法人口座って何?

法人口座とは、会社の取引に利用する口座で金融機関の口座名義が会社名になっているもののことです。作ることが義務ではありませんが、「法人と個人の区別」や「取引先に対する信頼」などの利点があります。

都市銀行の法人口座は高い?開設費用や手数料をチェック

都市銀行5つそれぞれネット開設が可能

都市銀行は5つほど存在していますが、それぞれ法人口座の開設を行っています。開設費用については取らないところも多いといわれていますが、維持費がかかることが少なくありませんので、注意をしてください。 昨今では都市銀行でもネット口座開設が可能となっており、口座開設を無料で行えるようになっています。ただし、通常のネットバンクとは違う点としてあげられているのは、口座維持手数料を取ることです。ネットバンクの場合には1800円弱から5500円まで幅があります。ただし、パソコンで利用するのか、スマートフォンで利用するのかによって、同じ銀行でも維持手数料が変わる為注意しましょう。スマホアプリで利用する場合は、無料としているところから2200円かかるところまでさまざまなところがあるため、開設する時の参考にしてください。なお、実店舗の場合、維持手数料は毎月2千円から5千円かかります。

振り込み手数料などはある程度一緒

振り込み手数料が最もポピュラーな手数料となるでしょう。都市銀行5行他行宛3万円以上の場合、ネットバンクなら660円から770円となっています。とはいえ、同行3万円未満なら無料などばらつきがあります。どれくらいか確認をしてからできる限り安く仕上げることが多いという人も少なくありません。同じ都市銀行で同じ金額であっても、銀行によって金額に差が多くなります。 また、パソコンによっては対応していないところもあるため、注意してください。一部のメーカーが製作しているパソコンでは、複数の金融機関で取引ができなくなっています。 なお、実店舗の場合、他行宛振込み手数料は消費税が加算されて500円から700円となっています。660円から770円で統一されているネットバンクのほうが他行宛だけなら高いです。